ヘルペスは完治が無理だし、何度でも発症する厄介な病気。 どうせ医者に行っても毎回同じことの繰り返しなら、自宅で治すコツを覚えて、なるべくヘルペスウィルスを起こさないよう予防に努めましょう。

ヘルペスとは

ヘルペス(帯状疱疹)について調べていてこのサイトを発見した人にとって、今更ヘルペスの症状について説明する必要はないかも知れませんが、一応ヘルペスの基礎知識として一般例を記しておきます。

ヘルペスは、多くの人が子供の時にかかったことのある「水疱瘡(みずぼうそう)」の原因となった「水疱瘡ウイルス(水痘・帯状疱疹ウイルス)」によって引き起こされます。

水疱瘡に感染しても抗体ができることによって治りますが、このウィルスは水疱瘡が治った後も、体の「神経節」とよばれる神経細胞に潜伏し続けているのです。

ということは、水疱瘡にかかった事のある人は、いつでもヘルペスを発症する可能性があるのです。

極度の疲労やストレス、寝不足、風邪、大病・急激なダイエットなどで極端に抵抗力が落ちると、ウイルスが再び活動を開始し増殖を始め、帯状疱疹(ヘルペス)を発症することが多くなっています。

増殖は神経に沿って体の左右片方の皮膚に帯状に水ぶくれが拡がるため、帯状疱疹と呼ばれています。

最初はチリチリした痛がゆさを感じ、すぐに赤い疱疹が広がって、黄色っぽく膿み始めます。

この頃から、ひどく痛みを感じ、きつい人は骨の髄から痛むような激痛を感じます。

投薬と塗り薬を使って治療しますが、

この疱疹が破れて、膿が出て、枯れて治るのに約1ヶ月近くかかります。

一旦は治るのですが、すぐに再発する人、何年も経って又再発する人と、繰り返しなる人も多く、現代の医療ではこのウイルスを体内から完全に駆逐することはできないので厄介な病気となっています。

ヘルペスは繰り返し再発

ヘルペス歴9年の管理人、ヘルピーです。

30歳をとうに過ぎたある日突然ヘルペスが発症しました。

特に何の前触れも無く、急に右胸下部にチリッとした痛痒さを感じてから2,3日で赤い水泡が4X5cm四方くらいにわたって出来始め、激痛が走りました。

別の症状で通院していた皮膚科で診てもらうと「ヘルペスです」と言われました。

1週間分の内服薬と塗り薬を処方されましたが、めちゃくちゃ高かったと記憶しています。

当時社会保険の1割負担でしたが、それでも5000円以上かかったんじゃなかったっけ。

その時のヘルペスは3週間ちょっとかかって治りました。

が、それからヘルペスは何度も同じ場所に再発するようになってしまったのです。

ヘルペスの治療には

ヘルペスの治療には、ウイルスの増殖を抑える働きを持つ「抗ヘルペス薬」が使われます。

抗ヘルペス薬には、塗り薬と飲み薬とがあります。

症状がひどい場合は入院して点滴注射をすることもあります。

ヘルペスは、体の免疫力低下などが引き金となり、体内に潜んでいたウイルスの活動が活発になって症状が起きるため、飲み薬によって体の中からヘルペスウイルスの増殖を抑えることが有効とされています。

口唇ヘルペス・性器ヘルペスの再発の場合、ピリピリ、チクチク、ムズムズといった前兆がありますので、それを感じたら早めに受診して治療を受け、薬を飲むことが、早く治すための近道です。

皮膚の帯状疱疹が治った後でも痛みの残る、帯状疱疹後神経痛の場合は状況が違い、決まった治療法がありません。

帯状疱疹後神経痛はヘルペスウイルスによって神経が破壊されてしまうことが原因なので、薬で治す事が不可能なのです。

一度や二度の治療ですぐに治ることはほとんどないので、根気よく治療を続ける必要があります。

痛みは薬物療法や神経ブロック、理学療法でかなり軽減できるようにはなりますが、痛みとじっくり、上手につきあっていくよう心構えが必要です。

ヘルペス親子

私がヘルペスを発症したのは約9年前ですが、

実は私の母はヘルペス歴40年以上のツワモノ?なのです。

しかも毎月のように腰周りにヘルペスが出来ては治り、治っては又出来て、と、エンドレスに再発を繰り返しているのです。

それを40年以上も耐えてきているなんて...

母が毎月のように出来る痛いデキモノ(水疱)がヘルペスだと知ったのは、ほんの10年ほど前なのです。

若い頃から生理の周期にあわせて出来ていたので、ホルモンの影響で出来るものだと思っていたらしいです。

それが突然、あごの先に出来たので皮膚科に行って「ヘルペス」だと知ったそうです。

その顎先のヘルペスも、当時通院していた接骨院の先生には植物のかぶれだと言われたそうです。

あまりにも傷みがひどいので皮膚科に行って、それがヘルペスという名前の病気で、今まで長年煩わされてきた腰周りのデキモノも同じものだということが判明したのでした。

母はこんなもの、わが娘にできなくて良かった、と思っていたそうですが、不幸にも私まで発症してしまって、親子して苦しんでおります。

母は毎月のようにヘルペスができてますが、私の場合は数年に1回、といった発病の仕方です。

ヘルペスは遺伝性のものではないので、やはり水疱瘡にかかって、ストレスや体力的に弱るなどのきっかけでヘルペスウイルスが暴れだすようです。

ったく、どーして私まで、って思います...

抗ヘルペス薬

ヘルペスウイルスの増殖を抑える「抗ヘルペス薬」が使われることは別項で述べました。

軽症の場合、抗ヘルペス薬の塗り薬、アシクロビルやビダラビンを使いますが、原則的には、抗ウイルス薬の全身投与が基本となっています。
体の中から治すほうが効果的で早いのです。

初感染や中等症の場合には、抗ヘルペス薬(アシクロビル、バラシクロビル)の内服を行い、重症例や免疫不全者には抗ヘルペス薬(アシクロビル、ビダラビン)の点滴静注を行います。

◆バラシクロビル:1回1錠または顆粒1gを1日2回、5日間服用する。

◆アシクロビル:1回1錠または顆粒0.5gを1日5回、5日間服用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

◆ゾビラックスクリームの塗布
ゾビラックスは、ヘルペスウイルスによる特定の感染症(陰部ヘルペス、帯状疱疹、水疱瘡など)の治療に使用されます。
ゾビラックスの有効成分はアシクロビルです。アシクロビルは、単純ヘルペスウイルス1種および2種に対して、非常に活発に作用する抗ウイルス剤です。

ヘルペスはうつるか?

単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、直接的な接触のほかに、ウイルスがついたタオルや食器などを介して感染することがあると、グラクソのホームページに書いてありますが、私が診てもらった皮膚科の先生は人にはうつらないと言ってました。

母の患部に軟膏を塗ってあげていましたが、その頃には私が発症することはありませんでした。

膿んで痛そうな母のヘルペス患部に薬を塗ってあげるのに、私が躊躇していると、母はうつらないから、と言ってましたが、

うつるうつらないより、触るのも痛そうなので、何度しても馴れるものではなく、毎回かわいそうだなと思っていました。

ヘルペスがうつるものなら、何十年も前に私の人差し指はヘルペスになってますよね?

ヘルペスが感染するかしないかは、その人の免疫力次第なのではないでしょうか。

くっつかないように

ヘルペスの疱疹が大きくなってくると、水ぶくれが破れやすくなってきて、つぶれると膿が出ます。

これが下着や衣類に触れたりくっつくとイタいんだ(涙)

膿が乾いて張り付いたりしてようものなら、それを剥がした時にまた膿と出血でエラい目に合います。

なので、傷口にくっつかないガーゼに軟膏を塗って、患部をカバーしておかなければなりません。

こういうの↓ S, M, Lと各サイズ常備しています。


【メディケア 滅菌パッドLの商品詳細】
●特殊有孔ポリエステルフィルムだから傷にくっつきにくく、はがしやすい。
●傷にくっつきにくい ガーゼに代わる傷あて材
●厚みのあるクッション性の高い脱脂綿の両面を穴あきフィルムではさんでいるため、取り替え時の痛みや出血が少なく、傷口をやさしく保護します。
●なめらかな表面の穴あきフィルムが適度な拡散性をもっているため、吸収性がよく血液や膿などをよく吸収し、傷口がむれにくくなっています。
●一枚づつ滅菌してありますから、衛生的にお使いいただけます。


水泡がつぶれ出すと、お風呂にはいって水に当たるのがイタいので、防水タイプのものを使用します。

ホントにこれは優れものです。↓


ヘルペス出来無くなりました!

磁化水を飲み始めて3ヶ月。

ヘルペスが出来なくなりました。

これはホントに驚くべき効果です!

している事と言えば、磁化水をつくるポットに普通の水道水を入れて磁化水を作り、1日1リットルほど飲むだけです。

別にミネラルウォーターを入れているわけでもなく、磁化水に変えた水道水を飲んでいるだけです。

毎月できる痛いヘルペスに悩ませ続けられた年月は何だったのでしょう?

高い治療費に、痛みに耐える不愉快な日々。

もうおさらばとなりました。

磁化水でのヘルペス予防、是非お試し下さい。



ヘルペスにも効果的!

磁化水というのをご存知ですか?

特殊永久磁石の入ったポットやカップに、普通の水道水を10分ほど入れておくだけで、磁力を帯びた水ができるのです。

磁気の中を通過するため水がイオン化されて、浸透力・溶解力・洗浄力・浄化力が高まるのです。

この磁化水は美容や健康に良いと、中国では昔から飲まれていたそうです。

テレビでこの磁化水の効力の一つに、アトピーやアレルギー体質の改善にもよいと言うことを聞き、さっそく磁化ポットと磁化杯(マグカップ)を購入しました。

朝晩、とにかく1日1リットルぐらい飲むこと続けました。

磁化ポットや磁化杯でできた磁化水は、水の味がまろやかになり飲みやすく、普通の飲み物も磁化杯に入れておくと、味が丸くなる感じがして美味しくいただけます。

そして3週間。

いつも周期的に腰周りにできるはずのヘルペスが出てこないのです!

かれこれ20年以上悩まされていた月1で出てくる、あの痛いヘルペスが今月は出てこないし、チリッとした前兆すら全く無いのです。

磁化水のお陰なのでしょうか?

でも、磁化水以外の普段の生活に変わりはないので、磁化水の効力なのかも知れません。

もう1ヶ月様子を見て、ヘルペスが出来ないようなら、本物ですね、コレは。

磁化水を飲むだけで、あの痛いヘルペスにさよならできるのであれば、この磁化ポット、安い物です!(最初は値段に戸惑ったけど)

ダイエット効果のほうは、私にはまだ効いていないようですが、ヘルペスさえ出来なければ全然OKですよ!

アトピーやアレルギー、ヘルペスに悩んでいる方も、一度だまされたと思って磁化水飲んでみて下さい!

体の中からきれいになれますよ。


磁化ポットとかわいい磁化杯セットはコチラ

ヘルペス治療薬を個人輸入

ヘルペスで病院(主に皮膚科)にかかると、内服薬と外用薬(塗り薬)を処方されますが、この薬が結構高い。

私の場合、内服薬はゾビラックス(錠剤)を1日5回服用で5日分くらいもらい、抗ヘルペス薬のゾビラックス軟膏(5g1本)が処方されます。

初診料と治療費と薬代で約5000円くらい。(社保3割負担だった時)

この軟膏だけで1本5000円するのである。

チリチリするような前駆症状が出てすぐにゾビラックス錠を内服をすると水泡が出ないで済むことがあるそうなのですが、私の場合いつも手遅れ、というか、もう効かないので、軟膏だけで治します。

皮膚科に行ってもいつも同じ処置なので、今はもうお医者さんには行かずに、ヘルペスが発症したら自分で軟膏を塗っておきます。

ヘルペス治療薬のゾビラックスクリームはお医者さんの処方箋が無いと買えないので、ゾビラックスのジェネリック医薬品であるアシクロビル軟膏を個人輸入で入手しています。

ゾビラックス軟膏も海外から輸入することもできるのですが、やはり5000円くらいかかって高いので、アシクロビル軟膏を使用しています。

そう、格安のジェネリック医薬品は個人購入できるのです。

アシクロビル軟膏だと1800円ですみます。以下で↓入手可能です。
        アシクロビル軟膏の個人輸入サイト

カード払いの出来るところでは2400円となります。↓
            アイジェネリックで代行輸入

1本買っておくと、ヘルペス2回分の治療が可能なので、我が家には常備薬として切らさないようにしています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。